コンテンツにスキップする
  •  data-bgposition=

About me

上田 菜々さん(23歳)

◉職業
ネイリスト/モデル

◉障害
脊髄性筋萎縮症(SMA)
10万人に1人と言われている難病
進行度合いは人それぞれだが
徐々に進行していき筋力が衰えていく

◉この職業を選んだきっかけ
◽︎ネイリスト/モデル
障害者=作業所という固定観念のレールが何故かこの世にはあり、それがすごく嫌で、この先の人たちのためにも職業や可能性や希望の選択肢を広げたかったし、昔陰キャだった自分が、自信が持てたきっかけが美容とファッションで工夫次第や考え方でどんなことでもできるということを伝えていきたいから。

◉この職業の期間(モデル)
17歳〜現在で、6年目です

◉どのようなコースを受講したか(ネイル)
父の知り合いでネイリストの方がいたので
その方に高校1年の終わりかけごろから卒業まで教えていただきました。
なので学校には通っていません。
ネイルの資格は持っていません。

◉現在の就業時間
◽︎ネイリスト
美容室の一角でネイルをしており
コロナの影響で
予約が入ったら出勤する、という形にしています。
出勤したら大体6時間くらいです。
◽︎モデル
撮影や、企業さんから依頼があったとき。

About me

◉職業のたのしみ
◽︎モデル
毎回ヘアメイクによって違う自分になれること、
新たな発見ができること。
いろんなロケ地にいけること。
撮影が楽しいのはもちろん、
みんなで作り上げた写真たちが上がってきたときがすごく愛しいです。
誰か一人でも欠けていたら出来上がりません。
みんながいたからです。
◽︎ネイリスト
お客様の輝きに、わたしも関わらさせていただけることが1番嬉しいです。
施術が始まる前と施術が終わった後の
お客様の明るさの変化がとても嬉しくその瞬間が大好きです。

◉大変なこと
◽︎モデル
大変なことも楽しめるくらいとても大好きなお仕事なので
正直あまりないです。
しぃて言えば帰りが夜遅くになるので
次の日が疲れるということくらいです。
だけどその疲れも素敵な疲れなので全然嫌ではありません。
◽︎ネイリスト
どれだけ難しいデザインでも
お客様の負担にならないように
時間内に終わらせないといけないところ。

◉心境の変化
ネイリストもモデルも、
やり始めてからすごく明るくなれ、
自分に自信も、よりもてるようになりました。

◉心がけていること(モデル)
常に笑顔でいること
スタッフさんやヘアメイクさんたちともたくさんお喋りして
お互いのことをよく知り
みんなで楽しく過ごすこと

◉これからの夢、目標
道は一つではなく、
自分の一歩次第で
たくさんの道へ繋がっていける
ということをもっとたくさんの方々、これからの子達、海外へも伝えていきたいです。

◉将来の子供たちへ一言
自分がなりたい!と思い描いたこと、想像したことは
必ず叶うし、叶えてください。
失敗もすると思うし、それがこわいと思いますが
その失敗こそがすごくすごく力になります。
その失敗はあなたを助けてくれます。
積み重ねたぶん、まぶしく充実した成功になるとわたしは思っています。
あなたにしかない魅力が必ずあるので自信をもって。
わたしはずっとあなたたちを応援しています!
一緒に夢を叶えていきましょう。

About me

Kumiさん (20歳 )好きな物美容とシナモン!

◉職業
アルバイト事務職とモデル業

◉病気、障害について
二分脊椎、内反足、両股関節脱臼

◉職業を選んだきっかけ
幼い頃姉がしていたネイルがキラキラして見えていて大人になり美容を意識していく中で
老若男女問わず美しく出来る所に魅力を感じたから。

◉コース選択について
アクセシビューティーで自分の受けたい検定を相談しその都度先生をつけて下さった。

◉資格取得までの期間
3級取得までは大体2〜3ヶ月くらいでした!

◉資格取得までに大変だった事
1番は検定モデル管理でした。
自分の体ではないので気をつけてくださいと具体的に注意点を口頭で伝えるしか無かったところです。

◉今後の目標は
美容を通してどんな人も夢を語り叶えられる世の中にしていくです。

◉将来の子供達に向けて一言
やりたい、好きという気持ちに忠実に頑張ってください!
環境はいくらでも自分で選べます。

自分の生きやすさ、成長を常に感じ見据え自分にしか開けない道を進んでいってください!

【Kumiさん作品】

About me

インタビュアーより一言

今後【美容×福祉】業界に新しい風を吹かせてください。
そして、障害で職の幅が狭まってしまい自身の可能性に
まだ気づいていない沢山の方々の希望の光になってください。
この度は取材を快く引き受けてくださったお二人に感謝するとともに今後一層のご活躍を期待しております。
有難うございました。  

取材協力会社

株式会社accessibeauty様

  •  data-bgposition=