コンテンツにスキップする

マリンファウンデーション利用規約

マリンファウンデーション倫理規約

マリンファウンデーション メンバー 倫理規約

マリンファウンデーションメンバーは、一人の社会人です。(以下マリンファウンデーションをMFといいます)マリンファウンデーションコミュニティーならびに私たち一人ひとりは、社会人として守るべき規範があります。私たちは下記の倫理規定を常に厳守しなければいけません。      
下記の倫理規定に反する行動をとった場合、厳重な処罰を受けることもあります。

メンバーとしての節度ある行動と言動

メンバーは一人の社会人として、社会良識に照らし節度ある行動をとらなければいけません。他人の誹謗中傷をしない。

第三者の情報の取り扱い

私たちは業務に関連して知り得た顧客や協力関係者の情報を、了解なしに本来の目的以外に利用することや、漏えいすることは行いません。私たちは個人情報を別途、MFの定めているコンプライアンス・プログラムに基づき厳重に取り扱います。

契約の遵守

私たちは業務を進めるにあたり、社会的責任を認識し、MFメンバーや協力関係者と公正な契約を結び、その契約を遵守します。

法律の遵守

私たちは事業を通じて社会的な役割を果たしていくにあたり、法律、条例などを遵守します。

マリンファウンデーションコミュニティーとして働きやすい環境の確保

私たちは地域創生における差別、暴力的行為、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントなどの人権侵害行為を排除します。著しく調和を乱すものは本部の相違の上で退会して頂くことが御座います。他人の誹謗中傷はしません。派閥を作りません。

ビジネスモデルと守秘義務

マリンファウンデーション、MF合同会社の事業、または、団体を創っての本事業モデルを真似したり、同様の事業をMFとは関係なく、MFに書面による許可を取らずに、独自に展開することは原則一切禁止とし、発覚した場合には、MFとMF合同会社に、裁判なしで、MF側が提示する罰則金、及び損害場賞金を直ちに6か月以内に支払う。MFとMF合同会社の事業により知りえた情報や企業や個人名などの固有名詞を外部に漏洩しないこととする。

対象となる事業

1. ポイントや電子通貨などによる独自の通貨やポイントを新に創り、MFに許可なく、独自でビジネス展開する行為(インターネットビジネス、国際ビジネスすべて含む)と、そこにMFやMF合同会社の商材やサービス、ビジネスを流通、販売、取引させる行為。

2.MFメンバーを退会した後も、15年間にわたり、この契約条項は生きるものとし、MFとMF合同会社の事業や仕組み、ビジネスモデルなどの真似、模擬、類似したビジネスや事業を別につくり、これを一切してはならない。発覚した場合には、その事業のバランスシートを開示し、その収益の50パーセントを裁判なしで、6か月以内に支払い完了しなければならない。
退会後も、知りえた内部情報や機密情報、取引先や、内部関係者などの固有名刺を出して、漏洩してはならず、SNSやブログ、インターネットなどでも、MFの機密を漏洩する行為と、誹謗中傷は原則禁止とする。

3.MFとMF合同会社の許可を得ずに、MFのフランチャイズ事業などのように特定の規格に基づき、生産、販売、流通させる食材や商品、サービス、企画、それらを他のお店、企業などに卸販売したり、店舗販売展開する事業形態の一切の模擬、類似事業展開、独自に、展開することは一切禁止とし、発覚した場合は、MFの要求する言い値の罰金と、損害賠償金を6か月以内に裁判なしで支払うものとし、この規約は、MFとMF合同会社との契約がある間はもちろん、退会後や契約解消後も、15年間は本条項は継続する。

反社会的勢力との絶縁

私たちは社会から批判を浴びる反社会的勢力への関与を断固として遮断します。私たちは業務を進めるにあたり、社会的責任を認識し、MFメンバー及びMF協力関係者と公正な契約を結び、その契約を遵守します。