コンテンツにスキップする

フリースクールとは



日本においては専ら、不登校児の受け皿として、その学習権の保障や安心してすごせる居場所を提供する施設、さらに、通信制高校での学習をサポートするサポート校など、不登校の子供を対象とした、既存の学校とは異なる機関や施設が、フリースクールと総称されている。
こうしたフリースクールの規模や活動内容はきわめて多様であって、マンションや事務所ビルの一室を借り、スタッフや子供を合わせても10人に満たないようなものから、在籍数が100人を超える大規模なものまであり、教育レベルに大きく差があるのが現状である。
教育(活動)内容は、子供の自主性を尊重し、スタッフと子どもが対等な立場で民主的に活動内容を決定するものが主流だが、既存の学校のようなカリキュラムを持ち、スタッフ(教師)が主体となって、「規則正しい生活」や学習をさせる施設もある。
ほとんどのフリースクールは、学校教育法1条に定める学校の要件に該当せず、私立学校設立のハードルが高いこともあって、正規の学校としての認可を受けておらず、運営者やスタッフは教員免許すら不要な場合が多い。しかし1992年からは小中学校において、2009年からは高校において在籍する学校の校長の裁量により、フリースクール等の民間施設に通った期間を、学習指導要録上出席扱いすることができるようになり、進級・卒業も可能である(ただし、学校によっては不認定の場合もありえる)。また、正規の学校から卒業資格が得られなかった場合でも、中学校卒業程度認定試験や高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、進学や就職の出願条件を満たすことができる。
フリースクールの対象年齢は、当初、小中学生の学齢期の子どもが中心であったが、しだいに高校生以上の年齢にも拡大され、さらに、フリースクールの精神による大学として、東京シューレを母体に20代の若者たちが作るシューレ大学が1999年に設立された。

Wikipedia参照フリースクール

MFの活動


MFの活動

現在、MFではフリースクール・アップルバームの学習支援を行っております。
不登校になってしまう原因はけして当人だけの問題ではありません。様々な原因があり結果的に不登校になってしまったことで、教育を受けるチャンスを失うことは子供達人とってもマイナスな面があります。たくさんの経験を積んで自分の得意分野を伸ばして、社会に羽ばたいて欲しいというのがフリースクール代表の思いであり、その思いを組んでカリキュラムを組んでいます。
フリースクールの子供達に既存の学校では学べないような学習を届けることを目標としております。メインのレッスンはお金の授業です。今後100年時代を生き抜く子供達の為に「お金の本質を理解する」ことはとても重要なことになります。金融リテラシーが高い海外の一部の学校では授業の中にお金のレッスンがあります。子供のころからリスクの低い海外積み立てなどを上手く活用してお金を貯めています。なぜ日本ではお金の授業がないのでしょうか?そのような日本の学校では教えてくれない授業を中心に行っています。

SDGsターゲット 4平等な教育を  
どの様な環境でも「平等に教育をうける」SDGs目標4番の達成に力を注いでいます。

収益化を考える



日本においてのフリースクール助成金制度がないため、どのように運営費を捻出するかが、フリースクールを長く運営するための課題になります。社会貢献する運営側が困窮してしまっては意味がありません。
学習の中で一部のレッスンは収益化につながる取り組みを行っています。学びがどのように収益につながるか実際に子供達に体験してもらうことで早期からマネージメント出来る力も養います。
そのために、MFがフリースクールの宣伝、広告等、積極的に行い子供達が更に質の高い教育(自ら考え行動出来るまでに導く教育)が行えるように安定的な運営費の確保や支援のお願いを積極的に行っていきます。